HELSINGのIT部屋

ITに関する様々な情報です。記事が見つからない場合(404)、お手数ですが検索バーより、記事を検索してください。

MENU

オフィスやキャンプで気軽に使える!缶を保冷する「USB CanCooler」とは?

f:id:HELSING:20210909170205j:image

(画像=サンコー)

こんにちは!元携帯販売店員のHELSINGと申します!

夜が来るのが早くなったのを見ていると、だんだん夏が終わっていくのが分かって少し寂しい気分になる方も多いのではないでしょうか?しかしながら、お昼はまだまだ暑い時期もありますので、今回は熱中症予防の一環として、缶を保冷する「USB CanCooler」についてのご紹介をさせて頂こうかと思います。

◎サンコー、「USB CanCooler」とは?

f:id:HELSING:20210909170506j:image

(画像=サンコー)

「USB CanCooler」は、USB給電式の缶専用のクーラーになります。ペルチェ素子という半導体を使って、電気の力で勘だけでなくペットボトルも冷やす事ができます。

魔法瓶や保冷材のように時間がたつことで冷たくなくなってしまう心配がないので、こふぃすやキャンプなどにも気軽に持参して使うことが可能です。

◎「USB CanCooler」の特徴

f:id:HELSING:20210909170538j:image

(画像=サンコー)

それでは、「USB CanCooler」の特徴について解説を進めていきます。サイズ感や使用方法に関しては、以下公式サイトに取扱説明書がございますので、サンコー公式サイトより検索してみてください。

↓↓↓

★外でぬるくなってしまった飲み物を再び冷やす

f:id:HELSING:20210911055114j:image

(画像=サンコー)

特に夏場では、缶などのドリンクを外に置いておくとすぐにぬるくなってしまう経験は皆様多いのではないでしょうか?たまには常温のお茶や水を飲みたい気分である場合もありますが、夏には冷たい飲み物を飲む事ができたときが最高の瞬間です。

「USB CanCooler」を活用すれば、外気温から-15℃で勘をキンキンに保つ事ができますので、外で冷たい飲み物がどうしても飲みたいというときには缶かペットボトルがあるだけでいつでも冷たい飲み物を飲むことが可能となります。

★冷却機能

f:id:HELSING:20210911055153j:image

(画像=サンコー)

22℃~23℃ほどの水を冷やすと、60分後には15℃まで。更に2時間後には13.5℃まで水温を下げる事ができ、冷蔵庫から出してきた感をこのクーラーに入れておくことで冷たさを自足させることが可能となります。

さらに、大きさは直径66mmまでのボトルに対応しており、缶専用のクーラーと言えどペットボトルやコーヒーボトルを冷やすこともできる便利なものとなっています。

★持ち運びにも便利

f:id:HELSING:20210911055236j:image

(画像=サンコー)

これだけの機能を持っている「USB CanCooler」ですが、重すぎて、大きすぎて持ち運べないということになると一気に便利さは半減します。ですが安心ください。「USB CanCooler」は小さく軽いので持ち運びにも便利です。

冷蔵庫などものを冷やす機械では「ジー…」という音が響きますが、こちらのクーラーは静音性にも優れているので、オフィスで使用する際にもほぼ音は聞こえないと思っていただいて構いません。

◎最後に…

夏はもう少しで終わってしまうということで、暑く嫌だと思いながらも何だかんだ寂しい気持ちになります。ですが、まだまだ夏独特の湿気と暑さは残っていますので、熱中症には注意したいところです。

キャンプなど外出される際には、必要であれば是非「USB CanCooler」を活躍させてみてはいかがでしょうか?

では、ここまでお読みいただきありがとうございました!

今回の記事で少しでも「役に立った」「面白かった」と思っていただけたら、恐縮ですがインスタグラムやTwitterのフォローもお願いします!