HELSINGのIT部屋

ITに関する様々な情報です。記事が見つからない場合(404)、お手数ですが検索バーより、記事を検索してください。

MENU

火を使うことなく簡単に使える!「おうち純喫茶」とは?

f:id:HELSING:20210917134237j:image

(画像=サンコー)

こんにちは!元携帯販売店員のHELSINGと申します!今回はコーヒー好きな方はお送りする素敵な記事です!(^○^)

朝にいっぱい欠かせないコーヒーですが、コーヒー党ならば喫茶店でよく見るサイフォン式コーヒーを家でも使えたらと思った事はないでしょうか?今回ご紹介する「おうち純喫茶」なら、この夢を実現します。

では、最後までお読みいただけますと幸いです。

◎おうちで喫茶店の味と雰囲気を感じられる「おうち純喫茶」とは?

f:id:HELSING:20210917135152j:image

(画像=サンコー)

従来のサイフォン式コーヒーはアルコールランプなどの火を使いますが、「おうち純喫茶」なら、火を使わず簡単な使用方法でお家喫茶店を実現できます。

攪拌時間も自動で測ってくれる機能を搭載しており、初めてでも失敗する事なく淹れることができます。

◎「おうち純喫茶」の特徴

f:id:HELSING:20210917135232j:image

(画像=サンコー)

それでは、「おうち純喫茶」の特徴を解説していきます。サイズ感や仕様に関しては、以下公式サイトに取扱説明書がございますので、サンコー公式サイトより検索してみてください。

↓↓↓

★サイフォン式コーヒーを自宅で実現

f:id:HELSING:20210917141408j:image

(画像=サンコー)

サイフォン式コーヒーを専門店で飲んだ味を家で実現できたらどれだけ良いだろう…。しかし特殊な機械を使わなければ難しそう。

コーヒー屋さんでは色々な機械が使われており、難しそうなイメージもありますが、自宅でサイフォン式コーヒーを実現したいのなら「おうち純喫茶」を使ってみてください。

お湯の温度もデジタル表示され、攪拌時間もお好みに合わせてセットするだけで簡単に使うことができるだけでなく、アルコールランプなどの火を使わず、電気のヒーターでお湯を温める仕組みとなっているので安全です。

★シンプルな操作方法

「おうち純喫茶」の使い方はとてもシンプルです。一通り使い方を覚えたら 攪拌の仕方/攪拌時間を色々試し、自分流にアレンジするのもありです。

【使用方法】

①サーバーに水を入れ、電源ボタンを押した後加熱ボタンを押す

f:id:HELSING:20210917144044j:image

(画像=サンコー)

 

②お湯が沸くまで待つ

f:id:HELSING:20210917144114j:image

(画像=サンコー)

 

③沸騰してきたら、コーヒー粉を入れたロートをセット

f:id:HELSING:20210917144534j:image

(画像=サンコー)

 

④ロートにお湯が上がってくる。90度になると音で知らせる。

f:id:HELSING:20210917144636j:image

(画像=サンコー)

 

⑤攪拌ボタンを押して時間をセットした後、コーヒー粉をかき混ぜる

f:id:HELSING:20210917144825j:image

(画像=サンコー)

 

⑥時間になると音が鳴りヒーターが停止。コーヒーが落ちてくる。

f:id:HELSING:20210917144909j:image

攪拌(画像=サンコー)

 

★再加熱も可能

f:id:HELSING:20210917145056j:image

(画像=サンコー)

「おうち純喫茶」では、1度の抽出で2~3杯分のコーヒーを淹れることができ、保温機能はないものの再加熱が可能となっています。

◎【比較】サイフォン式とドリップ式の違いとは?

f:id:HELSING:20210917142034j:image

(画像=サンコー)

サイフォン式とドリップ式の大きな違いとは、コーヒーの粉にお湯を浸して淹れる「浸漬法」という抽出方法かどうかです。サイフォン式の場合「浸漬法」を使っている事ですっきりとしたまろやかな味わいを感じられます。(ハンドドリップ式コーヒーの場合は、お湯をコーヒー粉に注いで淹れる「透過法」を使用)

◎最後に…

仕事に行く前のコーヒー一杯。これがあるのとないのとでは集中力が格段に変わります。(体験談…)そんなひと時をさらに有意義にするため、是非「おうち純喫茶」でサイフォン式コーヒーを試してみてはいかがでしょうか?

では、ここまでお読みいただきありがとうございました!

今回の記事で少しでも「役に立った」「面白かった」と思っていただけたら、恐縮ですがインスタグラムやTwitterのフォローもお願いします!