HELSINGのIT部屋

ITに関する様々な情報です。記事が見つからない場合(404)、お手数ですが検索バーより、記事を検索してください。

MENU

「iOS15」の気になる新機能とは?アップデートを行う前に徹底的に調べてみた。


www.youtube.com

こんにちは!元携帯販売店員のHELSINGと申します!

日本だけでなく、iPhoneユーザは世界的にも多く多くの情報が飛び交っています。そして最近では「iOS15」へのアップデートに関する話が多く、皆様の職場を含め様々な場所で耳にすることも多いのではないでしょうか。

アップデートは、基本的にセキュリティの観点も含め「したほうが良いもの」ととらえたいところですが、中にはアップデートしてしまったが故に、携帯の動作が重くなってしまったり電池持ちが悪くなってしまったなどの事象が起こらないとも言えません。

ということで今回はiOS15の新機能と、アップデートする前に気を付けたいことについて解説していきたいと思います。

◎「iOS15」で追加!気になる新機能は?

f:id:HELSING:20210924013603p:plain

(画像=Apple

今回のアップデートでは多くの機能が追加されることとなりました。「iOS15」についてまずはアップデートする新機能から解説していきたいと思います。

FaceTimeの進化

f:id:HELSING:20210923220047p:plain

FaceTime」の機能については、以下のような点が進化することとなりました。少し多いですが、細かく順にみていきたいと思います。

【SharePlay】

FaceTime」が進化しており、SharePlayを活用して映画やテレビ番組をFaceTime通話に映し出すことや、リモート会議のように画面を共有してウェブページやアプリなどを映し出せるようになります。

また、通話の中では動的に反応する音量調整機能が搭載されており、大音量のシーンや映画のクライマックスが来た時でも、通話先の方の声が聞こえなくなることが少なくなります。FaceTimeのコントロールからグループのメッセージスレッドに直接アクセスできるので使い勝手がよくなり、自分が行いたい動作に合わせてより便利に使う事ができるようになりました。

ポートレートモード】

ポートレートモードを使えば、背景をぼかしつつ自分を映すことが可能となります。これは、カメラアプリでのポートレート写真を応用しており、「FaceTime」の中で自分自身をより際立たせる事ができます。

【グリッド表示】

グループFaceTime通話の参加者を同じサイズのタイル状で表示させることによって、その瞬間に話している人を強調させることが可能となります。実際に直接話している時の声と、電話で話している時の声が微妙に違って聞こえることもあり、声が似ている人同士では誰が話しているのか分からなくなることも…。

こんな時に、その瞬間に話をしている人を強調することで誰が話しているのかをはっきりさせることのできる機能になります。

【空間オーディオ】

空間オーディオ期では、相手の声が画面上の相手の位置から聞こえてくるようになっており、まるで対面で話をしているようなスムーズな会話が実現できるようになります。

【「声を分離」モード】

「声を分離」モードでは、機械学習によって周囲の騒音を識別して遮断する事ができます。これによって、電話でこちらが話している時の声が相手に聞こえやすくなり、近くで工事現場のうるさい音がなっていたり、ペットの声や掃除機の音も邪魔になることなくお話しできる便利な機能です。

【ワイドスペクトルモード】

ワイドスペクトルモードでは、通話中に聞こえてくるすべての音を拾うことで、音楽のレッスンを受けている時や授業を受けている時、もしくは可能な場合、社内での会議を行っており、議事録を取らなければならない時にも便利かもしれません。

FaceTimeリンク】

FaceTimeリンクを活用すれば、どこでもウェブリンクを活用して友達や家族を「FaceTime」に招待する事ができるのでとても便利です。

また、Apple製デバイスを持っていない方でもFaceTime通話に招待することができ、招待された人は、使っているブラウザからすぐに、一対一のFaceTime通話やグループFaceTime通話に参加することが可能です。(ログイン不要)

【カレンダーアプリとの統合】

こちらも会議を行っている時等に活用できる素晴らしい機能になります。カレンダーでイベントを作成しながら「FaceTime通話」のウェブリンクを生成することもできるようになっており、ミーティングの始まる場所や時間を明確にする事ができるでしょう。

【消音通知】

消音状態ではなしていると通知が表示される機能です。皆様はリモート会議を行っている時にミュートにしたまましゃべっていた経験はないでしょうか?(リモートあるあるですね…)このような場面でも、消音状態になっていることをすぐに伝えてくれる機能は凄く便利です。

【拡大機能】

バックカメラは光学ズームコントロールに対応しており、FaceTime通話中には相手にその時見せたい重要なものを拡大して表示させることが可能となっています。これによって、資料などを共有してよりリアル会話に近い形で有意義な話し合いができるようになります。

★メッセージ機能

f:id:HELSING:20210923220535p:plain

続いて、メッセージ機能についてアップデートが加わった点を解説します。

【「あなたと共有」とは?】

メッセージアプリにて送られてきたコンテンツは、対応するアプリ上に新しく「あなたと共有」セクションに自動的に表示されるようになり、こちらの機能は「写真アプリ/Safari/Apple Music/Apple Podcast/Apple TVアプリ」で使うことができます。

(例)

  • メッセージアプリで送られた面白い記事、レシピなどのリンクをSafariのスタートページとサイドバーの新しい「あなたと共有」セクションに自動的に表示。
  • メッセージアプリで送られた音楽をApple Musicの「今すぐ聴く」の新しい「あなたと共有」セクションに自動的に表示。

【写真のコレクション】

メッセージアプリの会話の中で、複数の写真をコレクションとして表示させる事が可能となっています。

写真が少ない場合には、見やすくコラージュで表示させ、写真が多い場合にはスタックで表示させてスムーズにスワイプできるようになっています。(全写真を一気に見たいという場合にはグリッド表示にすればOKです。)

【送られてきた写真を簡単に保存】

メッセージアプリの会話の中で送られてきた写真は、新しく表示されるようになった「保存」のボタンをタップすることで、素早く簡単に保存することが可能になりました。

【SMSフィルタリング機能】

メッセージアプリは、デバイス上の知能を用いて不要なSMSメッセージをフィルタリングします。

これによって、広告、慈雨同配信、迷惑メッセージ用のフォルダに振り分けてくれるので、近頃特に増えた詐欺メッセージにも対応できます。(結局はイタチごっこですが…)

また、「不明な差出人」「自動配信」「広告の通知」を切り替えることで、通知を受け取りたいメッセージの種類を決めることも可能です。

【メッセージアプリ内で電話番号切り替え】

こちらはデュアルSIMを搭載したiPhone限定の情報ですが、会話途中で電話番号を簡単に切り替える事ができ、便利な機能です。

★ミー文字

f:id:HELSING:20210923225754p:plain

メッセージアプリで使用できるアバターキャラクターのことです。愛着を持って見てあげてください。

【服装】

40種類以上の服装から好きなものを選んでカスタマイズする事ができます。自分の好きな「スタイル/気分/季節」から選び、色は3色まで選択可能です。可愛くカスタマイズしたミー文字を友人や家族にも自慢してください。

【目の色】

目の色は、左目と右目にそれぞれ別の色を設定する事ができるので、オッドアイのようなものを表現してみるのもありです。私は中二病なのですぐにこういうアイデアを思いつきます(笑)

【新しい眼鏡】

今回、ハート型、星型、レトロな形の3つの新しいメガネオプションが追加されています。フレームとレンズの色も選ぶ事ができるようになっています。

【ミー文字ステッカー】

9つの新しいミー文字ステッカーを選択可能となっており、シャカサインや手を振る動作、更にひらめきの瞬間などを伝えたりすることもできます。大いに活用しましょう。

【マルチカラーの帽子】

3色まで選ぶことのできる帽子を使って、自分が好きなスポーツチームやアニメキャラクターなど、様々な再現を行う事ができます。

アクセシビリティのオプション】

今回加わった3つの新しいアクセシビリティのオプションでは、人工内耳/酸素チューブ/ソフトヘルメットを選択する事ができるようになりました。より周りと違った表現ができるようになったので、こちらも面白いと思います。

★集中モード

f:id:HELSING:20210923230754p:plain

集中モードを活用すれば、集中しなければならない局面やデバイスに邪魔されたくない場面で集中モードを使って、作業に没頭する事ができます。(その時点で行っていることに対して自動的にフィルタリングが行われます)また、全ての集中モードをOFFにしたい場合は、「おやすみモード」をONにすればOKです。

【集中モード設定】

集中モードを設定する際には、場所や時間帯などの様々な情報などを元に、使用者に合わせた集中モードを参考にして通知を許可するアプリを提案してくれます。このまま使うことも可能ですが、自分独自の集中モードを作成することもでき、行っている作業に合わせて通知をフィルタリングすることが可能です。この時作成した独自の集中モードは、アイコンを選んで好きな名前を付ける事ができるので、整理できずどこにあるのか分からなくなることも防ぐ事ができるでしょう。

【ホーム画面のページ】

何かの作業に集中したい際には、他のアプリがあると気が散ってしまうことも…。こんな時は、ホーム画面のページを特定の集中モード専用に設定してみることもお勧めです。

アプリとウィジェットを整理して、関連性のあるアプリだけを表示させる事ができるので、集中力を維持して作業に取り掛かることも可能になります。(この際他の項目は隠れているだけなので安心してください。)

【自分の状況を周りに通知】

集中モードで通知を許可されている人以外には、自分が集中モードによって通知を受け取らないようにしていることを周りに知らせる仕組みになっています。

この時メッセージアプリで連絡してきた人には、自分が行っている状況(集中モード)が周りに通知されるため、きっと配慮してくれます。

【運転中の自動返信】

運転時には携帯電話を操作することが難しいですが、この際運転のための集中モードを使用しておけば、自動返信をONにしておくことで自動返信を行う事ができます。

自動返信の内容については自由にカスタマイズすることもできるので、便利に活用する事ができます。

【緊急メッセージ】

集中モードを使って通知を受け取らないようにしている場合でも、緊急メッセージを使って連絡を取ることは可能となっています。また、逆にアプリや誰かからの緊急メッセージを受け取らない設定にすることもできます。

★通知

f:id:HELSING:20210923232929p:plain

iOS15では、通知のデザインが一新されました。では、どのように変わったのかこちらも見ていきましょう。

【通知の要約】

こちらは毎日忙しい方にはもってこいの機能かもしれません。朝と晩や、もしくは自分が指定した時間に通知が毎日まとめて届くようにする事ができる機能になっており、邪魔なタイミングで通知が来ることを防ぐ事ができます。

更に、このようやく機能については優先度に合わせて自動的に並べ替えられており、最も関連性の高い通知が一番上に表示されますので、必要な情報を素早く効率よくチェックすることが可能となります。

【通知を時間指定で非表示に】

通知を非表示にする機能自体はどのスマートフォンでも珍しくありませんが、この通知非表示の便利な部分は、「この後の1時間」「今日一日」など一時的に非表示にする事ができる機能になります。

また、スレッドで飛び交っている会話に自分が加わっておらず少しうっとうしいと思った時には、デバイスが通知を非表示にすることを提案してくれます。なんと気の利くことでしょうか(笑)

【即時通知】

アプリからの即時通知はどんな時でも素早く表示する機能となっており、例えば詐欺行為を携行する通知や、車が外で待っていることを知らせる通知など、危険やその場で重要な情報を知らせてくれます。

例えば、子供の桑栄時間を知らせるリマインダー等を設定している場合等、タイムリーな通知も逃す心配がなくなるので、とても安心です。

★マップ

f:id:HELSING:20210923234055p:plain

「iOS15」では、マップの機能もまた便利で使いやすいものとなっています。こちらも順番にチェックしていきます。

【3D地球儀】

色鮮やかかつインタラクティブな3D地球儀では、雄大な山脈、砂漠、熱帯雨林、海などの自然を楽しむ事ができます。この機能を活用して、旅行前にプランを少し練っておくのもありかもしれません。

【マップ上で都市散歩】

標高、道路、木々、建物、観光名所などの情報を確認しつつも、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドンなどの都市を散策することができます。こちらもお出かけする前に情報収集の役に立ちそうです。

さらに、右左折車線、横断歩道などの詳しい道路情報や、複雑なインターチェンジのための3Dビュー機能が搭載されていますので、移動を行う前のシミュレーションとしても使用してみてはいかがでしょうか?

【運転に役立つ機能】

新しくなった「ドライビングマップ」では、渋滞や事故などの情報も逃すことなくチェックすることが可能となっているので、お出かけだけでなくビジネスにおいても役に立てる事ができそうです。

経路プランナーでは、出発または到着の予定時刻を選択することで、経路を事前に確認することもできます。

【拡張現実の中で徒歩経路案内】

拡張現実の中で経路を確認しながら、目的地にたどり着くシミュレーションを行うことが可能になっています。とても臨場感がありますが、何よりわかりやすいです。(道によく迷う方には使ってみて損はないかもしれません)

交通機関のマップ】

交通機関のマップも新しいデザインになっており、より新しい情報だけでなく主要なバス路線も表示されるためとても便利です。更に自分が乗り物に乗っている際、降りる場所が近くなってくるとマップアプリが知らせてくれるので、バスや電車がを使うことが苦手な方にとって便利な機能になりそうです。

【最寄りの交通機関をチェック】

最寄りの交通機関の出発時刻をワンタップですべてチェックする事ができるようになっており、交通機関をよく利用する方にとって重宝する機能となっています。お気に入りの路線はピンで固定することも可能となっており、近くにいる際にその路線の情報が常に一番上に表示されるようになります。

【場所カード】

場所カードを活用すれば、お店についての重要な情報を確認したり、操作したり、街に関して詳しくチェックできるだけでなく、山脈などの地形に関する情報も調べられますので、お出かけの際にも便利に使えます。

【ガイドホーム】

ガイドホームを活用すれば、魅力的な観光スポットを効率よく見つける事ができます。おすすめの観光スポットの中から、好みの条件に合った場所のガイドを選ぶ事ができるので、旅行プランを練る際にも非常に役に立つでしょう。

【検索機能】

レストランなどの場所を探す際、「iOS15」で進化した検索機能を使って、料理の種類やテイクアウトが可能なのか等の情報で絞り込んで調べる事が可能です。更に、その時点で(時間)営業している場所の身を表示することもできるだけでなく、検索中に地図を動かしても、マップアプリが検索結果を自動的に更新してくれます。

safari

f:id:HELSING:20210924001459p:plain

では、「iOS15」アップデートによってsafariの新しくなった部分を見てみます。

【画面下のタブバー】

画面下のタブバーは、アドレスバー上で左右にスワイプするとラブ間を移動したり、上にスワイプすると開いているすべてのタブを表示することが可能となっています。

また、タブグループに関しては自分が使いやすいように、タブを保存して整理する事ができるので便利に使いこなしたいところです。(タブの切り替えはラブの概要から)

【スタートページのカスタマイズ】

スタートページもまた使用者に合わせてカスタマイズすることが可能となっています。背景画像を設定したりプライバシーレポート、Siriからの提案、「あなたと共有」といった新しいものを選んで表示することもできます。

また、カスタマイズした内容はデバイス間で同期されているので、例えばタブレットなど別端末をお持ちの方でも同じ表示のsafariを使えます。

【音声検索】

検索フィールド上のマイクをタップして検索したい内容を話すことで、ウェブ検索をすることが可能です。自分が検索したい内容がすぐに音声検索だけで事足りますので、一言で楽です。

【タブの概要のグリッド表示】

タブの概要では、開いているタブがグリッド表示となります。この機能を利用すると、開いているタブがグリッド表示されるようになり、開いているタブの確認やタブ間の切り替えがすごく楽になります。

また、「タブの概要」ボタンをタップするか、タブバーを上にスワイプすることですべてのタブを表示する事ができます。

◎「iOS15」にアップデートする際に5つ注意すべきこと

f:id:HELSING:20201118012622j:plain

「iOS15」に限らず、アップデートは行う前に注意しておいたほうが良いこともいくつか存在します。アップデート後からダウングレードすることはできなにこかかわらず、もし最新OSがエラーだらけで使い物にならないこともあります。(私は一度経験しました。)

そこで、こちらの項目では「iOS15」にアップデートするにあたって注意すべき5つの事項を並べました。

iPhoneの互換性は?

「iOS15」は、iPhone6s以降と互換性があります(2015年以降にリリースされたiPhone)。ただし、「iOS15」は最新モデル専用に用意されている機能があることがあり、古い端末ではこれらを十分使いこなせない可能性があります。

まだiPhone6sが「iOS15」に対応していることが奇跡に近いのですが、もし心配ならばアップデートしないほうが良いかと思います。因みにiPhone6はもはや追いついてません。

helsing-keitaiura-otoku.hatenadiary.jp

★空き容量は十分かどうか?

「iOS15」をダウンロード/準備/インストールするためには十分な端末側の空き容量が必要になります。アップデートに必要なファイルのサイズはiPhoneのモデルによって異なりますが、平均でいうと約5GBほど必要といわれています。

特に一昔前のiPhoneは16GBほど物も存在してたので、少しこの辺りは気にしてあげる必要がありそうです。

★AppleIDとパスワードは用意しておく

こちらは、アップデートをもし行わないとしても必ず覚えておいたほうが良いです。(機種変更をしたときなどにも覚えてないと後悔します…)

なぜAppleIDとパスワードは用意しておく必要があるのかというと、「iOS15」にアップデートした後にiCloudApp StoreiTunes Storeなどのサービスを使用する場合、AppleIDとパスワードをもう一度入力する可能性があるからです。

★ストック壁紙に注意

iOSの新しいメジャーアップデートをリリースする際には、古い壁紙を削除する可能性があります。もし今の古い壁紙がお気に入りなのだとしたら、めんどくさいですがスクリーンショットを用意するなどの対策を行ってください。

★通信環境

アップデートを行う際には、通信料を割とたくさん消費するのでwi-fi環境でアップデートを行うことをお勧めします。(この際約6~7GBの通信量を使うといわれています。)

私はドコモで機種変更をしたときに、これを忘れて大変な思いをしたことがあります…。すぐさま速度制限になりました。

◎最後に…

f:id:HELSING:20201126224959j:plain

いかがでしょうか?

今回の「iOS15」の機能については省略している部分もありますので、もっと詳しい情報が知りたい場合には以下の公式サイトも一緒にご覧ください。

↓↓↓
www.apple.com

なお、この記事では言いたいことを言いすぎて文字数が大変なことになりました(笑)私は元携帯販売店員ですので、携帯電話に関する知識は広く持っていると自負しております、何かわからないことなどございましたら是非コメントいただければと思います。(TOPよりお問い合わせでも結構です)

では、ここまでお読みいただきありがとうございました!

今回の記事で少しでも「役に立った」「面白かった」と思っていただけたら、恐縮ですがインスタグラムやTwitterのフォローもお願いします!