HELSINGのIT部屋

ITに関する様々な情報です。記事が見つからない場合(404)、お手数ですが検索バーより、記事を検索してください。

MENU

電源を使わない洗濯機?!「ぐるぐるぶんまわ槽」を使えばどんなサバイバルでも生き残れそう

f:id:HELSING:20211017134121j:image

こんにちは!元携帯販売店員のHELSINGと申します!

今回お話ししようと思ったアイテムは一言「斬新で面白い!」と思いました!なんと電源を必要とせず手動で洗濯と脱水ができる洗濯機?(というべきなのか謎ですが)

というわけで今回はこのドラム式全手動洗濯機「ぐるぐるぶんまわ槽」について解説しますので、ぜひ最後まで楽しんでください!(笑)

◎ドラム式全手動洗濯機「ぐるぐるぶんまわ槽」とは?

f:id:HELSING:20211017140401j:image

手動な洗濯機である「ぐるぐるぶんまわ槽」は、ドラム式の洗濯機となっており、洗濯からすすぎ、脱水まで行うことが可能となっています。

電源を必要としないことから、電気代の節約だけでなく屋外で使えるので、持ち運んだ出先で便利に使用することもできます。

また、洗濯機では直接洗いたくない「ペット用品」「汚れのひどい衣類」「色落ちのする衣服」等はこちらの洗濯機を使用して洗うなど、使い分けてみるのもありかもしれません。

◎「ぐるぐるぶんまわ槽」の特徴

f:id:HELSING:20211017140544j:image

それでは、ドラム式全手動洗濯機「ぐるぐるぶんまわ槽」の特徴について解説していきます。

サイズ感や使用方法に関しては、以下公式サイトに取扱説明書がございますので、サンコー公式サイトより検索してみてください。

↓↓↓

★電気不要!洗いから脱水まで可能

f:id:HELSING:20211017152001j:image

(画像=サンコー)

近年、電気料金もどんどん値上げが進んでおり、できれば余分な電気代は使いたくないという思いはありませんか?

特に、洗濯機に入り切らない洗濯物は分けて洗濯する必要があり、どうしても電気代は余分にかかります。

そんな時「ぐるぐるぶんまわ槽」を使えば、余分な洗濯物等を効率よく分けて洗濯することも可能です。

★ドラム式であるという事

f:id:HELSING:20211017160939j:image

(画像=サンコー)

「ぐるぐるぶんまわ槽」は、ドラム式の洗濯機となっており、縦型洗濯機と比べて衣類にやさしい、水量が少なくてすむというメリットがあります。

洗濯槽の中の衣類が上にあがっては落ちるを繰り返す「たたき洗い」を行うことによって、衣服についた砂や泥などの汚れもしっかりと落とします。

★洗濯槽も丸洗い可能

f:id:HELSING:20211018125305j:image

(画像=サンコー)

洗濯槽は丸洗いできるので、カビ等を放置することなく清潔な状態を保つことができます。

サイズの大きい全自動洗濯機では、洗おうと思っても簡単に手洗いすることが難しいので、とても魅力的です。

★屋外、アウトドアや災害時などでも利用可能

f:id:HELSING:20211018125551j:image

(画像=サンコー)

電源が不要であることから、場所を選ぶことなく使用できる他、電気を必要としないためアウトドアや災害時にも役に立ちます。

洗濯機の大きさと重さもコンパクトで持ち運びしやすく、女性でも簡単に移動させることが可能となっています。

◎最後に…

便利な洗濯機が続々と登場している中で、手動の洗濯機とはなんと斬新なんでしょうか!

しかし、災害時や電源が使えない場所では、このような手動の装置が役に立つことは間違い無いです。

では、ここまでお読みいただきありがとうございました!

今回の記事で少しでも「役に立った」「面白かった」と思っていただけたら、恐縮ですがインスタグラムやTwitterのフォローもお願いします!