お話ししましょー( ´∀`)

新しいもの好きの少年が書くブログです。(笑)

MENU

KDDIが発表した20ギガ2480円のプランとは?

こんにちは!HELSINGと申します♪

 

長年携帯業界と総務省との戦いは繰り広げられ、刺しては上手くくぐり抜けての繰り返されることによって、携帯のプランは改善されてきました。

 

そして今回紹介したいのが、20ギガのプランで比較すると業界最安と言われているKDDIのプランです。

新発想の料金プラン「povo」誕生

 (画像=KDDI)

 

もしかすると、よりユーザーのニーズにあったプランを選択できるチャンスかもしれないと思ったので、早速調査を行なっていきます。

KDDIが発表した20ギガ2480円のプランとは?

と題してお送りしてまいります。最後までお楽しみください! 

auがオンライン専用新ブランド「povo」とは?

f:id:HELSING:20210113143441j:image

(画像=KDDI)

 

 povoは、オンライン型携帯電話事業を提供しているシンガポールのCircles Asiaと協業することによってサービスを提供します。

 

これによって、「データ使い放題 24時間」「5分以内かけ放題」「通話かけ放題」などといったオンラインでの追加オプションを選択できます。

 

こちらの新サービスは2021年3月から提供し、povo専用サイトから申し込むことができるようです。

◎「povo」の特徴

f:id:HELSING:20210113143618j:image

(画像=KDDI)

 

プランの特徴は、データ通信と音声通話が2つに分かれた料金体系となっています。

 

というわけで、別々に解説していきたいと思います!

(データ通信

データ通信は20GBを月額2480円で使うことができます。

 

20GB使うことができれば、出先で動画を見ても、ネットサーフィンを長くしていても到底たどりつくことはできません。

 

とくにYOUTUBEが発展してきた今では、仕事帰りの電車の中など暇なときに、ちゃんと暇をつぶしたいですよね!(笑)今どきは勉強などもYOUTUBEの動画でできちゃう時代になりましたした。

 

因みに、20GBを超過した場合も最大1Mbpsの速度で使えます。

「データ使い放題 24時間(200円)」、「データ追加 1GB(500円)」を使えば、速度制限を解除することも可能です。

 

ドコモのアハモなどは、通話がセットになっていますが、電話なんかどうせしないという方はオプションをつけなければ、こっちの方が安くなりますね。

(音声通話

国内通話は、何もオプションをつけなければ30秒当たり20円の料金で使った分だけお金がかかるシステムです。

 

また、5分かけ放題(500円)などの時間制かけ放題オプションをつけることもできます。

 

◎注意事項

f:id:HELSING:20201130003926j:plain

やはり20ギガの同じようなサービスを出してきたな。という感じですね。

注意点としてはやはりキャリアメールが使えないことがあげられます。

 

また、5Gに対応するのは2021年夏で、今のところ端末とのセット販売は行っていないとのことでした。

 

このあたりの注意事項に関しては、また更新していきたいと思います。

◎まとめ

f:id:HELSING:20201126224959j:plain

いかがでしょうか?

KDDIが発表した20ギガ2480円のプランとは?

と題してお送りしました。

・データ通信は20GBを月額2480円で使うことができます。

・国内通話は、何もオプションをつけなければ30秒当たり20円の料金で使った分だけお金がかかるシステム

・キャリアメールを使えないなどの注意点がある

という結果になりましたね!

 

また、3キャリアを契約しているが、それでも条件が合わず、中々月額料金が安くならない、などとお考えの方は、格安SIMを検討してみるのもアリかと思います。

 

例えば、こちらのBIGLOBEモバイルなら、キャンペーンで6ヶ月間月額400円で使えるみたいです。

対応している端末にSIMカードを入れるだけでお使いいただけますので、何かしら古い携帯電話に差し込んで家族の誰かに使ってもらうのもありです。

 

ここまでお読み頂き、ありがとうございました!

抜群のコスパ!14.1型のノートPC「ALΣO」の価格やメリットを調査♪

こんにちは!HELSINGと申します♪

 

緊急事態宣言が出た今、リモートに再び切り替わった型も、出社している方も様々ですね。

 

今回紹介したいのがこちらの 「ALΣO」です。デザインもシンプルでかっこいいノートパソコンです。

 

 (画像=ツクモ

 

コスパが良くて使いやすい思ったので、テレワークが増えてきた中でパソコンを選んでいる方も含め、皆様にお話ししていこうと思います。

 

それでは、

抜群のコスパ!14.1型のノートPC「ALΣO」の価格やメリットを調査♪

と題してお送りしてまいります。最後までお楽しみください!

◎「ALΣO」とは?

 (画像=ツクモ

 

(14.1型フルHDディスプレイ

ディスプレイには、「フルHDディスプレイ」(解像度1,920 x 1,080)を採用しています。

 

動画編集や画像編集をする際には、最低でも4Kを採用したものを選びたいところですが、そこまでのスペックがなくても小さい文字もハッキリ移すことができますし、映像もきれいです。

 

IPS方式の液晶パネルを採用していることで視野角が広く、色の再現性も高いですし、非光沢(ノングレア)液晶を搭載していることから、目が疲れにくいのが特徴です。

 

このことからコストパフォーマンスを考えると十分なものだといえます。

SSD

SSDは低価格なノートPCにおいて、eMMCが採用されることが多いです。

 

しかし「ALΣO」の場合、より記録ドライブとして高速で長寿命なSSDを使用していることからパソコンの起動やアプリケーションの起動をスムーズに行うことができ、省電力性や耐衝撃性にも優れています。

 

また、カードリーダーは最大128GB のmicro SDカードに対応したものを搭載しています。

(USB Type-C

「ALΣO」はUSB Type-Cポートを搭載しています。USB Power Deliveryにも対応していることから対応充電器を利用することで高速充電を行うことができます。

 

充電時間は極力短いにこしたことはないですよね。この機能はとても便利です。

(内蔵カメラ

ビデオチャットテレビ会議にも対応した200万画素のWEBカメラを搭載していることから、テレワークでも万能に使えます。

 

プライベートでもテレビ電話などを使って便利に使えそうですね♪

【スペック】
ディスプレイ 14.1型フルHD ノングレア IPS液晶ディスプレイ
(解像度1,920X1,080ドット)
OS Windows 10 Pro (64ビット)
プロセッサー インテル® Celeron® 5205U プロセッサー
メモリ 4GB DDR4 SODIMM (PC4-19200)
システムドライブ 64GB SSD (M.2 SATA接続)
グラフィックス インテル® UHD Graphics (メインメモリからシェア)
サウンド ハイ・デフィニション・オーディオ
無線LAN IEEE 802.11 ac/a/b/g/n (インテル® Dual Band Wireless-AC 3165)
本体寸法 幅 332.5mm x 奥行 223.5mm x 高さ 21.8mm
(折りたたみ時、突起物含まず)
重量 約1.5kg (内蔵バッテリー含む、本体のみ)

 

◎「ALΣO」を使うメリットは?

  (画像=ツクモ

 

「ALΣO(アルモ)」を使うメリットは、圧倒的なコストパフォーマンスです!

 

重さは約1.5kgと軽量で持ち運びやすいうえに、スペックも十分なものを備えています。さらに、価格も3万円台であることからコストパフォーマンスが抜群にいいです。

 

テレワークや外回りのお仕事など、様々な場面で活躍することができると思います。旅行などにも簡単に持ち運ぶことができて便利です♪

◎「ALΣO」の発売日や価格

 (画像=ツクモ

 

価格はどちらのカラーも32,780円(税込)となっています。

 

1月12日が発売日となっており、ブラックとホワイトを選ぶことができます。(価格はどちらも同じです。)

 

これだけのスペックでこの価格はコストパフォーマンスが非常にいいですね♪

◎TSUKUMO(ツクモ)とは?

f:id:HELSING:20201118012622j:plain

私たちが普段呼んでいる「ツクモ(TSUKUMO)」は、九十九電機(つくもでんき)が正式名称で、日本のパソコン量販店チェーンストアです。秋葉原を本拠地としており、行くとよく見かけます。

 

インターネットによる通信販売も行っており、ゲーミングPCなどでもよく知られていますので、信用度は高いです。

 

ツクモのパソコンを購入しようと試みている方は、一度足を運んでみるのもありだと思います。

◎まとめ

f:id:HELSING:20201126224959j:plain

いかがでしょうか?

抜群のコスパ!14.1型のノートPC「ALΣO」の価格やメリットを調査♪

と題してお送りしました。

軽量で持ち運びも便利。

テレワークや外回りのお仕事など、様々な場面で活躍することが可能

価格はどちらのカラーも32,780円(税込)

という結果になりましたね!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

最大で12個のタブレットやスマホ等を充電可能!AC充電器「MPA-ACSC01WH」の実力は?

こんにちは!HELSINGと申します♪

 

突然ですが、家でUSBケーブルにさす場所の数に困ったことはないでしょうか?

また、なぜかアダプタだけ数が足りなくなってしまったりということが私はありました(笑)

 

今回紹介したいのは、最大で12こまでUSB機器を充電できる優れものです!でかいアダプタにスペースも取られないので、無駄なくつかえます。

 

タコ足充電が危険じゃない?など気になる点もありますが、バッチリ対策されているようですよ!気になってきましたか?よしっ!

 

それでは、

最大で12個のタブレットスマホ等を充電可能!AC充電器「MPA-ACSC01WH」の実力は?

と題してお送りします。最後までお楽しみください♪

 

◎AC充電器「MPA-ACSC01WH」とは?

 (画像=エレコム)

 エレコム株式会社が、2021年1月下旬に発売することとなったのが、こちらのUSB機器向けのAC充電器「MPA-ACSC01WH」です。

 

新年早々、便利そうだなと思いました!機器の充電器アダプタって意外に大きく、コンセントの穴がいくつもあったとしても、穴が埋まってすべて使いにくかったりします。

 

その点、別途ACアダプタを必要としないすっきりした一体型設計の「MPA-ACSC01WH」を使えば、部屋の隅に置く機器もコンパクトかつ収納もしやすくなると思います。

エレコムってどんな会社?

f:id:HELSING:20201117192921j:plain

 初めてこういった製品を買う方は、エレコムという会社がどういう会社なのか、少し気になるのかなと思いましたので、こちらの項目も用意しました。

 

エレコムは、バッファローアイ・オー・データと並ぶ日本ではIT機器の大手です。

 

マウスや、キーボードなど13部門において業界トップシェアを誇っており、スマホ関連にもたくさん製品があります。

◎「MPA-ACSC01WH」の特徴やメリット

f:id:HELSING:20201130003926j:plain

それでは、MPA-ACSC01WH」 の特徴とメリットをこちらで解説しようかと思います!


(高出力タイプ

MPA-ACSC01WH」の1ポートの最大出力は12W(5V/2.4A)となっており、合計最大出力144W(5V/28.8A)の高出力タイプです。

 

因みに、電力を消費する電気製品は、主に3~12V前後のものを使用していることが多いです。

(USB機器を同時に急速充電

最大で12台までのUSB機器を充電する事が出来るほか、同時に急速充電することもできます。

 

現在テレワークが増えてきた中で、会社からタブレットなどの機器を持ち帰ることも多くなってきました。今までに、延長コード等を使って事足りていたコンセントも会社のものを使うようになって足りなくなってしまった。

 

そんな時に、急速充電にも対応したMPA-ACSC01WH」を使うと便利かつアダプタを使わなくていい分コンパクトです。

(おまかせ充電

USBポートには、高性能ICが搭載されています。これによって、iPhoneAndroid端末を自動で見分けることができます。

 

これはおまかせ充電という機能になっており、最適な出力で充電することも可能となっています。

 

(集中電源スイッチ

充電をまとめてオンオフできる機能がついていることから、コンセントをわざわざ抜かなくても、ボタン一つ押すだけで電源を切ることのできる機能がついています。

 

集中電源スイッチは前面に搭載されています。

(動作確認LED

ポート(さす場所)ごとに、充電状態が確認できる動作確認LEDが搭載されていることで、ちゃんと動いているのか目視で確認することが可能となっています。

(その他

その他のスペックに関しては、こちらに記載しております。

細かい機能もご覧になってください♪

【スペック】

対応機種 対応端末:USB Type-A メスから最大12W(5V/2.4A)までの出力で充電可能な機器 設置対応保管庫:TB-SB10、TG-22E、SC15L-DD24、SC15L-DD48 等
コネクタ形状 USB Type-Aポート×12
定格入力電圧 AC100-240V 50/60Hz
定格入力電流 2.5A
定格出力電力 合計144W
定格出力電圧 5V
定格出力電流 全ポート合計28.8A/各ポート2.4A
外形寸法 約 幅220×奥行180×高さ45(mm)(固定用L字プレート除く)約 幅300×奥行180×高さ45(mm)(固定用L字プレート含む)
重量 約 1230g
カラー ホワイト
コンセントプラグ仕様 耐トラッキングスリーブ付
付属品 メガネ端子ACケーブル(1.0m)、ケーブル固定用バンド、キャビネット、ラック等固定用L字プレート(2枚)、L字プレート取り付け用ネジ(8個)、固定用ネジ(8個)、取扱説明書
法令 PSE 特定電気用品
使用可能地域 日本
保証期間 1年
その他 主電源スイッチ搭載、通電確認用LED搭載(各ポート)、おまかせ充電機能搭載

◎「MPA-ACSC01WH」の価格

  (画像=エレコム)

 1月の下旬から販売する「MPA-ACSC01WH」の価格は4万6167円となっています。

 

決して安いお買い物ではありませんが、長い目で見て考えると生活の中のいろんなシーンで役立つと思いますので、悪いお買い物ではないかなと思います。

 

amazonだと少し安いみたいです。気になった方はチェックしてみてください。

◎まとめ

f:id:HELSING:20201126224959j:plain

いかがでしょうか?

最大で12個のタブレットスマホ等を充電可能!AC充電器「MPA-ACSC01WH」の実力は?

と題してお送りしました。

急速充電にも対応した「MPA-ACSC01WH」はアダプタを使わなくていい分コンパクト

最大で12台までのUSB機器を充電する事が出来るほか、同時に急速充電できる

1月の下旬から販売する「MPA-ACSC01WH」の価格は4万6167円となっています。

という結果になりましたね!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

【徹底比較!】a7IIIとa7Cを買うならどっち?価格やレビューも気になる!

f:id:HELSING:20201117192737j:plain

こんにちは!HELSINGと申します♪

 

暑い夏も終わりつつありますが、どんな季節にも美しい被写体は存在し続けるものです!私は昆虫の写真を撮ることが多いのですが、そうなると使うカメラも迷ってしまいます、、

 

というわけでこれから最新機種となる9月15日に発表されたa7C発売から3年経ってもなおランキング上位にいるa7IIIを調べているところでしたので、情報共有します♪

【徹底比較!】a7IIIとa7Cを買うならどっち?価格やレビューも気になる!

と題してお送りしますので、最後までご覧ください!

続きを読む

【徹底調査!】アーム式スタンドの34型ウルトラワイド液晶ディスプレイ「34WN780-B」

こんにちは!HELSINGと申します♪

 

新型コロナウイルスの広がりで、またもや緊急事態宣言がでそうな感じで、ちょっと世の中がこの先どうなっていくのか、不安ですね(T ^ T)

 

日本の働き方も、新型コロナウイルスをきっかけとしてテレワークがもっと発展していくなど、変わってくるんでしょうか。

 

そうなると、家にディスプレイがあると便利だなぁと思います。動画編集、資料作成、会議など様々な場面で使えたら良さそうだなぁというものをどんどん情報共有させていただきます。

LG 画面の位置を自在に調整できるアームスタンド採用 ウルトラワイドモニター, front view with the monitor arm on the right, 34WN780-B

(画像=LG) 

 

そんなわけで今日紹介したいのは、12月25日に発売されているアーム式スタンドを標準で利用できる34型ウルトラワイド液晶ディスプレイ「34WN780-B」です。果たしてどういうディスプレイなのでしょうか?

 

【徹底調査!】アーム式スタンドの34型ウルトラワイド液晶ディスプレイ「34WN780-B」

と題してお送りしてまいります。最後までお楽しみください! 

◎34型ウルトラワイド液晶ディスプレイ「34WN780-B」とは?

LG 画面の位置を自在に調整できるアームスタンド採用 ウルトラワイドモニター, front view with the monitor arm on the center, 34WN780-B

 (画像=LG) 

 

まず早速アーム式スタンドを標準で備えている便利な34型ウルトラワイド液晶ディスプレイ「34WN780-B」について、説明させていただきます。

 

www.lg.com

それでは特徴をあげてみます。

(アームスタンド

 従来のスタンドではなく、アームスタンドを採用することで、自分に適した姿勢や環境にも合わせてポジションを調整する事が出来ます。

 

大きさは以下の画像のようになっています!

【伸長/引き込み0~180mm】

Simulation of Extend and Retract rage 0~180mm

(画像=LG) 

【スイベル±280°】

Simulation of Swivel rage + 280˚ , -  280˚

(画像=LG) 

【高さ0~130mm】

Simulation of Height rage 0~130mm

(画像=LG) 

【散ると‐25~25度】

Simulation of Tilt rage -5~15度

 (画像=LG) 

(ウルトラワイド画面

 なんといってもこのウルトラワイド画面がすごいです!!

 

リモートワークでの作業やゲームプレイにおいても、画面が大きく広いことで作業効率をさらに上げる事が出来ます♪

(HDR対応モニター

 HDRモニターは、普段の画面よりも明るいところと暗いところをさらに鮮明に映し出す事が出来ます。

 

これは、従来のSDR規格では色の判別が困難であったものを、しっかりと映し出すことで、より臨場感を与える事が出来ます。

◎「34WN780-B」のメリット

LG 画面の位置を自在に調整できるアームスタンド採用 ウルトラワイドモニター, perspective view, 34WN780-B

 (画像=LG) 

現在はリモートワークが増えたほかにeスポーツなどゲームの世界も活発になってきました。

 

ディスプレイの需要はさらに増えてきつつありますが、つい長時間作業をしてしまい目が疲れてしまうことが今後さらに予想されると思います。

 

ここで注目したいのが、こちらの「34WN780-B」にはブルーライト軽減モードというものがついており、長時間画面を見たときのダメージを軽減してくれます。

 

ウルトラワイド画面だけでも魅力的ですが、長時間作業にこのような機能は欠かせません。私のような引きこもりには特に必要です…(笑)

◎「34WN780-B」の価格

HDR for detailed contrast comparing to the conventional one

  (画像=LG) 

価格は税抜きで6万5000円ほどのようです。

 

 

買うならAmazonが最安みたいです。下には価格.comのリンクを準備しています。

 

価格.com

kakaku.com

◎まとめ

f:id:HELSING:20201126224959j:plain

いかがでしょうか?

【徹底調査!】アーム式スタンドの34型ウルトラワイド液晶ディスプレイ「34WN780-B」

と題してお送りしました。

ウルトラワイド画面もすごいが、ブルーライトカットモードも使用できる

 HDRモニターは、普段の画面よりも明るいところと暗いところをさらに鮮明に映し出せる

価格は税抜きで6万5000円ほど

という結果になりましたね!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

【1/7発売予定!】JAPANNEXTの75型のHDR対応4Kディスプレイ「JN-VT7500UHDR」の実力は?

こんにちは!HELSINGと申します♪

 

コロナウイルスがまだまだ終息しない中で、皆様大変な思いをされているかと思います…。

 

世の中もマスクを必ず着用して、ソーシャルディスタンスを意識することによって、なぜだか周りの人との距離を感じている私です…。(T ^ T)

 

そんな中で、私も皆様を笑顔にする記事を用意しました!←何

 (画像=JAPANNEXT)

 

こちら、1月7日に発売される予定のHDR対応の75型4Kディスプレイ「JN-VT7500UHDR」ですが、どのようなものかということで、早速解説していこうと思います!

 

ということで今回は、

【1/7発売予定!】JAPANNEXTの75型のHDR対応4Kディスプレイ「JN-VT7500UHDR」の実力は?

と題してお送りしてまいります。最後までお楽しみください♪

HDR対応の75型4Kディスプレイ「JN-VT7500UHDR」とは?

リアルに迫った色鮮やかな映像を体験を HDR(ハイダイナミックレンジ)対応モニターは従来のSDR規格(スタンダードダイナミックレンジ) と比べ、明るい部分も暗い部分もくっきり表現しリアルに迫った深みのある映像を演出します。 HDR対応のブルーレイディスクやビデオ・オン・デマンド、ゲームなどの表示が可能。 現実に近い究極の映像をお楽しみください。 SDR HDR 注:HDR機能を有効にするには、接続機器やコンテンツがHDRに対応している必要があります。

 (画像=JAPANNEXT)

 

それでは、75型4Kディスプレイ「JN-VT7500UHDR」の大きな特徴を、簡単に3つあげてみたいと思います。

 

(ハイダイナミックレンジ対応モニター

 このHDR対応モニターは、通常のSDR規格と比べてと比べたときに、明るい部分と暗い部分もよりくっきりと表現するというものです。

 

これにより、HDR対応のブルーレイディスク・ビデオオンデマンド・ゲーム等の表示が可能となります。

 

よりリアルの表現してくれることで、臨場感がでます♪

(大画面なのに文字を鮮明に映し出せる

 大画面にPCを繋げて表示させた際に、文字がにじんで見づらくなってしまう。そんな経験がある方もいらっしゃるかと思います。(私は結構ありました…)

 

そして「JN-VT7500UHDR」は、モニター設定をコンピューターモードに変えることで、文章や画像を大画面でも細かい字でもきれいに表示することを可能にしています。

(4K Ultra HD対応ディスプレイである

 なんといっても4Kに対応していることは魅力的ですね!

 

4Kとは、フルHDの4倍の作業領域を実現する3840×1080の解像度となります。オフィスワークはもちろんですが、テレワークが広がった今、細かい資料作成や動画編集にも役に立てる事が出来ます。

 

また、WEBページを同時に表示しながら、動画を見たりスカイプを表示させるといった使い方にも適していると思います。

(その他の特徴

その他にも多彩な機能やインターフェイスを搭載しています♪

 

 

詳しくはこちらの公式サイトもチェックしてみてください。

japannext.net

◎「JN-VT7500UHDR」の価格

「JN-VT7500UHDR」の直販価格は189,980円となっています。

 

また、下記Amazonの情報となりますが、172,882円となっており、Amazonポイントも1727ptつきますのでおすすめです♪

 

一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

◎まとめ

f:id:HELSING:20201126224959j:plain

いかがでしょうか?

【1/7発売予定!】JAPANNEXTの75型のHDR対応4Kディスプレイ「JN-VT7500UHDR」の実力は?

と題してお送りしてまいりました。

3840×1080の4Kに対応している。

オフィスワーク/テレワーク/動画編集など、様々な使用用途がある

「JN-VT7500UHDR」の直販価格は189,980円となっている。

という結果になりましたね!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

【徹底調査!】ソニー、小型・軽量標準ズームレンズ「FE 28-60mm F4-5.6」とは?

 

(こんにちは!HELSINGと申します♪

今回はズームレンズについてのお話です!

 

2020年12月18日より、ソニーマーケティングが予約販売を開始している小型・軽量標準ズームレンズ。

f:id:HELSING:20210102191911j:image

(画像=sony)

 

2020年1月29日より発売予定となっていますが、果たしてどういうスペックなのか。というところを調査していきたいと思います。


それでは、

【徹底調査!】ソニー、小型・軽量標準ズームレンズ「FE 28-60mm F4-5.6」とは?

と題してお送りしてまいります。最後までお楽しみください!

続きを読む
注目記事